fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

営業って職種は、そんなにつまらない仕事なのか?

結論から言えば

「成績が出なければ確かにつまらない」

職種です。

では、逆に成績が上位の人にとっては、

「これほど、おもしろく、やりがいのある仕事はない」

と言ってますね。


この両面は、どちらも事実

だから、片方だけが正しいとは言えません。


現場でよく言うのですが

【仕事は知っていると楽しい世界に行くことができる】

逆には

「知らないと、最後までつまらない世界」

だと伝えています。


営業に限らず、どの仕事も同じこと
だとは思います。


ただ、営業は数字がでるので
一番わかりやすい、という一面はあります。

では、営業の仕事が

おもしろく
やりがいがある

とは、どんな状態のことを
言うのでしょうか。


想像しても出てきません。
高いレベルに到達している人
から聞くことです。

しかし、現実にはまわりにそんな
人がいない、見当たらないことが多い。


だこら、リアルな状態が理解できない。
想像できない。

20代の頃は、探し歩きました。
距離と費用にかかわらず、とにかく
わかるまで追求してたように思います。

そこで得た結論。
営業という仕事は、

売らなくても買いたいと依頼がくる

教えてほしいと相談される

パートナーとして信頼される

欠かせない存在として頼られる

という仕事なのです。


決して、頭を下げる仕事ではありません。

完成形のイメージを変えてください。

そうすれば人生もかわります。

 

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

http://www.businesscreation.jp/balance/

【経営の優先順位とは↓】

【経営に関するご相談は、こちらから↓】

 

 

 


藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/