fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

叱ることができるか

いつからか、上司の存在が
軽くなってしまった。

叱ることができない

なにか弱みを握られているのか?

そんな感じさえ受けます。

組織の基準値を上げていくとき、
ある地点で足踏みをします。

そこで、あるひとりが突破すると
組織の根本が変わり急激に伸びます

しかし、そうでない場合は、
厳しさを持って組織を持ち上げるしか
ありません。


そんな頼れる存在が見当たらなく
なったのはいつからでしょうか。

人に対して強くない
人との対話が弱い

なにか部下を恐れているのでしようか。

ここで、テクニックを学んでも小手先
を見破られてしまいます。

「また何か学んできたな」

と言われるだけです。

そんなことより、正面からぶつかった
方がいい。
自分にも厳しく、そして優しさを
持って対面していくのです。

その覚悟がなくてリーダーの
存在意味がありません。

厳しさは、リーダー自身の仕事の
レベルをあらわしています。

自分に甘いリーダーは、部下に
厳しくできない

リーダーになったからには、
人生をかけて取り組む以外に
ありません。

まわりの環境を嘆きたくなる
こともよくわかります。
しかし、そのままでは、進展は
ありません。

リーダーの仕事は、

どんな状態でも
良くも悪くも

決断し、進めることだけなのです。

そうしないと結果が出ませんから。

 

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

http://www.businesscreation.jp/balance/

【経営の優先順位とは↓】

【経営に関するご相談は、こちらから↓】

 

 

 

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/