経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

仕事のバランス、【効率】と【ムダ】

すべてに【効率】を求めることは、

正解か、まちがいか。

どちらでもないのか。

経営の現場では

「効率を上げろ。効率を上げれば業績が上がるはずだ」

と指示しているリーダーも多いはず。

ビジネス書にも【効率化】が書いてあるし。

ただ、どんな時も【効率】を求めればいいわけ

ではありません。

バランスがあるのです。

【効率化】は場面によってプラスにもマイナス

にもなってしまうからです。

コンサルティングの現場では、

【効率】を求める場面と

【ムダ】を許容する場面に

分けて伝えています。

以前、このブログで

効率と非効率のバランス

を書きました。

非効率なことの中にも有益な内容が

あることをお伝えしています。

では、どの場面で【効率】と【ムダ】を

使い分けすればいいのでしょうか。

どこで判断すればいいのでしょうか。

製造工程の場面では、

【効率】10:【ムダ】0

の世界になります。行動内容が決まっている

部分は効率を求めれば利益が出ます。

受発注業務などの作業も同じです。

判断に迷うのが、「営業活動」。

営業経験の浅いリーダーの方ほど

「営業活動は効率だ」

と叫ぶ傾向にあります。

「訪問件数」や「移動経路」を記録して

効率を上げる手法も多いですね。

わからないこともありませんが、

実際それだけでは、ある一定のラインで

業績が止まります。

営業活動全体に対して【効率化】を求める

ことに無理があるのです。

営業活動の中には、将来の顧客を生み出す

部分があるのです。

「人脈を広げる」

「紹介いただく」

部分です。

他にも、「競合調査」、「業界調査」、

「市場調査」の部分も存在します。

将来の顧客と調査の部分は、

【効率】2:【ムダ】8

になります。

すぐ結果が出るわけではないですし。

逆にそのつもりで取組まないと続かないこと

ですよね。

そこにリーダーが「効率だ!」と声をかけて

しまうと、部下の方の動きが【フリーズ】して

しまうわけです。

「効率よく、できるわけないでしょ」

と思ってしまい、せっかくの将来への投資を

削ってしまうのです。

だから、こんな営業組織は業績が伸び悩む

わけなのです。

経営の場面での【効率】と【ムダ】のバランスを

一度、振り返ってみてください。