経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

顧客満足のはき違え

【顧客満足】をはき違えている人がいます。

法人相手に営業をしている人の中に多い現象。

【顧客利益】と【顧客満足】がセットになって

実施されていればいいのですが、

【担当者満足】だけを満たそうとするのです。

目の前の担当者だけを「喜ばす」ことしか

考えていないので多くは【値引き】という

行動を選択しがちです。

これでは、顧客の会社にとっては

【安い】

という利益しか得られません。

顧客の会社内でも話題にならないのです。

「ただ単に安いだけの会社」

でしかないのです。

【顧客の利益】というのは、顧客の会社にとって

「仕入れ金額が安く」なることだけでなく

「将来の利益を生みだす」ことの方が重要。

将来の利益を生み出すために

【情報を提供する】

【人を紹介する】

【アイデアを提供する】

【リサーチしてあげる】

ことが可能なはずです。

「顧客の会社に利益がもたらされる」結果を出して

はじめて、顧客の社内でも話題になり、仕事が

広がりを持つのです。

法人に営業をしていて、

担当者しか知らない、

担当者としか話しができない、

という営業さんは、この

【顧客満足のはき違え】

という軸をもとに自分の行動内容を

見直してほしいところです。