fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

環境があって性格が決まってしまう

 

「あの◎◎社員はマイナス思考だ」

「あの◇◇社員は会社に忠誠心がない

「あの△△社員は不平不満が多い

という言葉を幹部の方から聞くことがあります。

 

これが一時的なものならいいのですが、

・決めつけてしまう

・レッテルを貼ってしまう

人が多いように感じます。

これでは、せっかくの人材も埋もれたまま

本当は、もっと結果を出せるはずが、

人材の機会損失を招いていることになります。

 

いつもそんな時に、考えることは、

人間には、能力がもともと備わっているし、

【人は成長するから、将来はわからない】

ということです。

 

今の状態は、どちらでもいいのでは、

と思っているのです。

 

現状が

性格がわるい

後ろ向き

愚痴っている

すねている

という状態であっても、たまたま

そうなっているだけでしょう。

こちらが余裕を持って見てあげましょう、

ということです。

 

なぜなら、人間は環境に大きく左右されるからです。

環境】【性格】はセットで考えるべき。

 

こんな事例がありました。

ある支店に配属されると、なぜか

【ネクラになってしまう】

現象が続いたのです。

 

明るく、活発な人も、その支店に行き

数ヶ月すると、染まってしまうのです。

【環境】暗い:【性格】ネクラ

のパターン。

 

逆のパターンもあります。

第一印象は、「不平不満を言っている」人

でしたが、役割を変え、上司が変わると

積極的な人に変身したことも。

【環境】ストッパーなし:【性格】積極的

のパターン。

 

こればかりは、いつからそうなるのか

予測がつきません。

だれがそうなるかも、わかりません。

 

しかし、

誰もが、変わる可能性があります。

誰もが、成長する可能性があるのです。

 

だからこそ、可能性の芽をつんではいけない

自分への戒めを込めて今日は書いています。

人にレッテルを貼って決めつけるのはですが、

会社経営の中では、【教育】によって

人の可能性を追求し、予想以上の結果を

引き出すことがあるべき姿です。

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】

 

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。