経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

距離を察知しアプローチを変える

リーダーがメンバーにアドバイスをするとき、

なかなか受け入れられないことがあります。

「何度言っても理解してくれない」

「なかなか動いてくれない」

「どうして思い通りにならないのか」

という状況。

このとき、「どんなアプローチをすればいいですか?」

と質問されるのですが、答えはひとつではありません。

状況によって変化させる必要が出てくるのです。

その判断基準をどうやって察知することができるのか。

ひとつの指標を提示します。

それは、自分と相手との【距離】。

立って話しをするときも、座るときも、相手との

距離があります。

これが、ひとつの指標になるのです。

下記3パターンを記します。

1)

【距離】2m以上:【ひらすら聞く】

→共感する、相手を否定しない、自尊心を傷つけない

2)

【距離】1.5m:【質問する】

→主張の確認、意見の確認、価値観の確認

3)

【距離】1m以内:【アドバイスする】

→受け入れる体制が整ってからアドバイスする

この3パターンで現場の状況を考えると

判断できるのではないでしょうか。

距離が離れている人に対してリーダーは、

イライラしてしまい、【質問】や【アドバイス】を

先走ってしまいがち。

そのため、余計に距離が離れていってしまいます。

【距離】を察知すること

【距離】によってアプローチを変えること

が結果的に相手との距離を縮め、お互いの理解へと

到達するのです。