経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

歯止めの連鎖で経営の結果を出す

経営は、すべてがつながっていないと

結果が出てきません。

【すべてがつながる】とは、

つながりの中で意味があるということ。

たとえば、数多く開催されている会議を

考えてみます。

このひとつひとつの会議が

【なんのために】

行われているのか、そして

【どことつながっているのか】

が重要なのです。

会議は、「報告の場」と考えられていますが

それ以外にも重要な側面が

【歯止めをかける場】

でもあります。

【歯止め1】→【歯止め2】→【歯止め3】・・・

というように、会議ごとに歯止めがかからないと

決定事項は動きません。

営業所会議→所長会議→部課長会議→役員会議・・・

の中で、ある会議だけが「決定事項」に対して

歯止めをかけなかった、ゆるいチェックしかしなかったら

最後まで到達するわけがありません。

目標数字は、この手の問題が頻発します。

達成しないときに、「営業所会議」だけを

集中的に改善しても結果が出ないときは、

【歯止めの連鎖】が他の部分で止まっている

はずです。

【連鎖】という観点で確認が必要なのです。

「部分最適ではなく全体最適」

という言葉がありますが、これは

【歯止めの連鎖】を見ることによってだけでも

全体最適への道へ導くことができるのです。

【歯止めの連鎖】の視点が俯瞰への第一歩なのです。