fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

組織図を前にして再構築を考える

 

組織図を前にして思うことがあります。

そこには、過去から現在までの数年、数十年の

歴史が存在しています。

 

会社の歴史であり

人の歴史であり

刻み込まれた奥深い地点があるのです。

 

 

 

先日も数時間かけて組織図を解き明かす

機会がありました。

 

組織図に刻まれた

【各部署の機能】のバランス

を見ながら

【各担当の経歴】を知り

そして、

全体を再構築する作業です。

 

ポイントは、

【組織の規模】と【各職位の責任基準】

のバランスを明確にしていくこと。

 

そうすれば、再構築する部分が見えてきます

 

明らかに、現在の組織規模では、責任を

果たせていない人が浮き彫りになって

きたりするのです。

 

組織の大きいにもかかわらず、時代の流れに

追いついていない場合、

重要な役職の方が【ストッパー】になっている

ことが多いのが現実。

 

これを、だれにでも理解できる基準をもとに

解き明かすことが求められているのです。

 

そうしなければ、長いスパンでの発展も

なければ、強い組織になることもありません。

 

組織図を前に、

過去を知り

現在を見つめ

将来を描くこと

が 経営者の大きな仕事です。

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

 

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。