経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

守りからスタートする人たち

社内での発言、提案をみていると

その人の発想の【スタート地点】がよくわかります。

【ゴールを見据えた人】

【守りからスタートする人】

に分けられるのです。

やっかいなのが、守りからスタートする人ほど

高等な〈理論武装した言い訳〉

をしてくる、ということ。

たとえば、

【中身より外側から形を作っていく】

【ゴール達成より突っ込みに備えている】

発言、提案をしてくるのです。

防御の姿勢できっちりガードしているわけですね。

そのため、

見た目はしっかりした内容になっているのですが

肝心なところは、すっかり抜け落ちたりしています。

ゴールに到達することより、守りからスタートしているので

どうしても、そうなってしまいます。

【意志を感じられない提案】

ということですね。

守りからスタートする人には、

「ところで、この内容は到達可能なの?」

とオープンな質問で切り込んで行くしかありません。

手元しか見ていないので、先を見るように

うながすしかないのです。

時間軸の視野を広げることが、

この場合には優先される事項なのです。