スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

アポを永遠につなげる技を知っていると

高額商品(50万円以上)を販売する時には、

アポイントをいただいて商談、提案することに

なります。

1回アポイントをいただくことは、ほとんどの

営業の方ができます。

しかし、商談が継続しない人が多く見受けられます。

ようするに、アポイントが継続しない。

これでは、成約(受注)までたどりつけない。

では、どうしてアポイントが継続しないのか、

営業さんにヒアリングしたところ、

【アポイントを継続する意識がない】

【アポイントを継続する技を知らない】

ということがだんだんわかりました。

この部分は、アポを継続する技を知っていれば

即効性があり、結果が出る範囲です。

ということで、技のいくつかをお伝えします。

アポイントをいただく時に、固定概念を持っている

人が多いのを感じています。

【正確な日時を決める】
【1ヶ月以内のアポイント】
【就業時間内で設定する】等

という条件が揃わないとアポイントを提案してはいけない

と思っているのです。

【アポイントは、相手の方が了解】していただければ

どんな条件でも設定が可能なのです。

時間軸で言えば、2ヶ月先、3ヶ月先のアポイントでも

提案することが可能。

顧客が休日の時にも、アポイントを取得することが

できるのです。

面談だけがアポイントではありません。

面談のアポイントがいただけなかったら、

電話をかけるアポイントをいただくことも提案するのです。

結局、

顧客の記憶の中から自分の存在を消滅させないために

アポイントを継続することが必須だと理解できれば、

【アポイントの継続】

に集中できるはずです。

営業の世界は、はずせないポイントに集中すると

成果が出てきますね。

“アポを永遠につなげる技を知っていると” への1件のフィードバック

  1. アポイントの継続 これ知ってたら前の会社でもっと偉くなってて 会社設立なんかしなくて済んだかも。