fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

個人の力を集めるとなぜか力が減少する

 

「うちの社員は、まじめでいい子なんです。

でも、業績が良くならないのが不思議で・・・」

 

とおっしゃる経営者の方がいらっしゃいました。

確かに、個人の能力は平均以上で、資質もわるくない。

しかし、

業績は思うように達成していない現状があったのです。

 

これは、個人の力の集合がかみあっていない

個人の力を結集すると、なぜか総合力が減少してしまう

のです。

 

個人の力を結集すれば通常

【個人の力】の和  = 【総合力】

もしくは

【個人の力】の和  < 【総合力】

にならなければなりません。

 

それが、

【個人の力】の和  > 【総合力】

になってしまうのです。

 

 原因のひとつに〈議論下手〉があげられます。

 

1)会議の場で本音を言わない

2)相手に意見を言ったら人格否定にとられる

 

の2点が大きく作用していると考えています。

とくに、【まじめな性格】な人が多い組織ほど

その傾向が強いです。

 

これを打破するには、

◇本音を言わせる場を強制的につくる

◇【意見】と【人格】を別に考えさせる

ことです。

 

特に会議の進行をする【司会者】の力量

かかっています。

雰囲気をつくっているのも

目に見えないルールをつくっているのも

司会者です。

 

コツは、

「それは、本音で言ってますか?」

「別に人格を否定するわけではないので

 意見を素直に言ってみてください」

と誘導できるかです。

 

意見を遮るベテランがいる場合には、率直に

「そんな言い方をしたら、だれも本音が言えないじゃないですか」

「人格を否定されたわけではないので誤解しないでください」

と牽制することも場面では出てくるでしょう。

 

少しずつですが、こうして個人の力が正常に発揮できる

組織をつくっていくことです。

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。