経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

理念と現実のギャップを感じている

経営者は、ときには熱く

【経営理念】

を語り、また、ある時には

【現実】

を指摘しなければなりません。

この【経営理念】と【現実】は、経営者の

頭の中には、成立していることなのですが

社員にとっては、理解しにくい部分のようです。

【経営理念】と【現実】との間にギャップを

感じているようです。

現実は、

他社との競争があり、

売上数字、利益数字がはっきり

してしまうので、そこに対する経営者の

【闘争心】

を見てギャップを感じとっているようです。

経営理念というのは【最終型】なので完成された

言葉がならんでいます。

それを、社員の方の中には、すべて今実現すると

とらえることが多いみたいです。

ギャップの差は、

「時間軸のとらえかたの差」

になのです。

 経営者の中では、【経営理念】は、

ゴール地点

であり、そのために、現実を発展させることと

とらえています。

この時間軸の認識の差を埋めていくことが、

現実を直視させることになり、方向性が

統一されることになるのです。