経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

差別化のポイントがずれている

最近、集客が減少しているから、

受注売上が伸び悩んでいるから、

という現実に直面することが増えています。

そんな時に、【差別化】、【優位性】を

強化しなければ、

という流れになり、話し合いをする場面も

多いのではないでしょうか。

話し合いの中で、

「ここが差別化になる」

「これが優位性だ」

と結論が出てくるかと思います。

その時に、本当にそれが差別化になるか

を確認したいところ。

そんなときは、

「顧客は、その差に気がつくかな?」

と投げかけてください。

どうしても、提供する側、製作する側は、

【思い入れ】

が強すぎます。

客観性が失われてしまうのです。

ここは、冷静な第三者的立場の方が必要。

冷静に

「顧客は、その差を理解できるの?」

と確認の意味も込めて振り返るのです。

最終的に、購入の決定、契約の決定は

顧客がすべてを握っています。

差別化のポイントが、顧客の気が付かない部分に

ずれていたら、顧客は選ぶことさえできません。

いくら商品サービスがよくても、顧客は選択できないのです。 

それを防ぐためにも、

差別化のポイントがずれていないのか?

を確認したいところです。