fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

客観的に人を見て判断する

 

客観的に人を見ること。

これほど、むずかしく感じることはありません。

 

人は、他人に対して

第一印象

感情

を持ち合わせています。

 

そのため、その人の本質まで

見ようとはしません。

 

 

「最初の印象がわるかったので・・・」

「先日、ひどいことをされたので・・・」

「さぼっているのを見てしまったから・・・」

とある一面を見て、その人を【すべて】判断してしまうのです。

 

そうなると、せっかくその人が持ち合わせている

能力を見誤ることが発生してしまいます。

 

経営者クラスになれば、

その人のマイナス部分をわかっていながら

自分の感情を抜いて

客観的にその人の能力を見極めることが

必要になってきます。

 

組織をつくるときには、

【好き嫌い】

で決定することを先送りして

能力だけを抽出して見る視点が

プラスアルファをつくるのです。

 

性格を抜きにして、

能力だけを判断して

組織編成をしてみれば

新しい組織の側面が見える。

 

「この人はこの程度」

と見限らず、

「ひょっとすると、ここまでできるかな」

と考えて見ること。

 

ただし、

「リスクとして、社内にこのくらいまで

トラブルを起こすだろうな」

とも、わかっていなければなりません。

 

そこまでわかった上で、組織を編成するならば

全体を進捗させられるわけですし、スピードを

保ちながら前進もできるのです。

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/
【ご質問は、こちらから↓】

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/