fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

時間軸で大きく割り振る

 

年末になってきますと

来年のことを気にするものです。

仕事においては、仕事内容によって

大きく分けて考えることが

必要だと考えています。

20111224-085630.jpg

 

計画を立てようとすると

「あれも、これも」

と欲ばりになりがち。

これを時間軸で割り振ると時間不足。

すべてが実現しません。

 

そこで、最初は三つの柱を立ててみる。

経営者の方なら、たとえば
採用
新規事業
人脈づくり

営業の方なら、たとえば
既存顧客
新規顧客
販売促進企画

などになります。

 

これを、最初は日数で分けてみる。

年間365日のうち仕事日数は250日前後。

その中でも会議や行事を除く実働日数は

200日程度しかありません。

 

この200日を三等分したら70日。

一日ごとに区切って違う内容の仕事を

した場合は、70日という計算で

いいですが、なかなかそうはいきません。

 

そこで、今度は、一日を三等分してみましょう。

一日の中でも、朝礼、打ち合わせなどの

時間が引かれてきます。

実働は7時間くらいでしょうか。

これを三等分してみれば、

2時間

くらいになりそうです。

 

これを毎日チェックできるように

しておくこと。

【この仕事に2時間使う】

という意識が重要なのです。

 

後は、

意志を必要なく、
頑張る必要もなく、

自分で決めた時間をこなしていく。

慣れるまでは、機械的かもしれませんね。

こうして、一日ごとに少しでも

前に進めることで、計画したことが

はじめて報われるのです。

来年の計画は、ちょっと方法を変えて

取り組んでみましょう。

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/
【ご質問は、こちらから↓】

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/