fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

企業リサーチ方法について

ビジネスでは、新規取引先、新規顧客

取引を開始するときに、与信調査を

行うことが慣例です。

では、どこまでそれを調べればいいのでしょうか。

最近では、リサーチツールが数多くあるので

選択しなければなりません。

通常、

帝国データバンク

商工リサーチ

などで企業情報は取得していると思います。

他にも、

【相手先のWEB】

を見ていると思います。

特に注意してリサーチしたいのが

1)代表者の写真

が掲載されているのか、ということ。

代表者の情報が少ない場合は、

なんらかの理由を考えます。

出したくないのか、

出さないのか、

ただ単にWEBに力を入れていないのか。

WEB全体の分量から推測判断します。

上場会社では、代表者の写真がない

企業には投資しないというファンドも

あるくらいです。

(不祥事を起こしやすいそうです)

また、注意してじっくり見るのが

2)採用ページ

です。

リクナビ、毎ナビなどに採用ページを

持っている場合はそちらも確認します。

採用のページには、事実が正確に記されて

いるので企業の公式ページよりも

理解しやすい、という特徴があります。

他に、

1)社長氏名で検索

2)会社評判を検索

3)社長ブログ、社員ブログ検索

4)facebookなどで検索

5)2ちゃんねるで検索

で知りうる範囲の情報を集めることです。

では、相手の企業をどのように評価すれば

よいのでしょうか。

大きく3つの考え方があります。

1)資産から価値を測定する

2)将来性から価値を測定する

3)似たような企業の価値から推測する

の3つです。

1)の資産から測定する場合は、単純に

資産を売却したらいくらになるのか

という測定方法です。

2)は、営んでいるビジネス自体の

将来価値を測定する方法です。

今後、いくらの利益を生み続けるビジネスなのか

を測定します。

優良な顧客がいる、顧客リストが多数ある、

営んでいるビジネスに優位性がある、

利益率が高い、などの要因から計算します。

計算方法はDCF(ディスカウント・キャッシュ・フロー)が

有名です。

3)は、似たような企業が他にある場合、その

企業の株価などを参考にして算出する方法です。

以上の観点から点数などをつけて

評価していきます。

今後、取引するのに限度を設けるかどうか、

売り掛け金をいくらまでに設定するのか

など応用できるかと思います。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/