fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

偶然を計画する?

そろそろ、4月からの新入社員の方の

研修がはじまっている会社もあるようです。

 

以前、新人の方から

「不安です。どうなっていくのかわからないので」

と聞かれたことがあります。

 

仕事をしていく社会人として

どんな経験を積んでいけばいいのか

どんな能力を身につければいいのか

何を選択していいのか

がわからないのです。

 

一般的な答えとしては

社内の先輩を見て、もしくは先輩から聞いて

模範となる経歴を理解すること。

そして、計画的に歩む事、

となるでしょう。

 「キャリアプランを立てる」

と言っているかと思います。

 

しかし、それだけが正解でもないのです。

そこが世の中のおもしろいところですね。

 

では、何が必要なのか?

それは

【偶発性を計画すること】

なのです。

 

どうしてかと言えば

【キャリアの80%は予期しない偶然の

できごとによって形成される】

という説があるからです。(出典参考)

 

「えっ!8割も偶然に左右されるということ?」

と解釈しがちですが、そうでもありません。

 

◆チャンスは、いつやってくるかわからない、
→偶然に起こる

◆チャンスをつかむことができるか?
→偶然のチャンスを拾えるように準備しておく

と解釈するのです。

 

チャンスを拾うための準備と計画は

1.好奇心[Curiosity]

2.持続性[Persistence]

3.柔軟性[Flexibility]

4.楽観性[Optimism]

5.冒険心[Risk Taking]

が必要とされています。

 

シンプルに考えれば

はずかしがらずに反応する好奇心、
めげずに何度もチャレンジ。
ありえない、と思うことも受け止める。
やればできるはず、いつかは、と考え
時には大胆に振る舞うこと

と言えますね。具体的には、

新しいこと
気になる場所
面白い人
を見つけたら敏感に反応し
面白がりながら出向いていく

ことなんです。

まわりに下記のような人はいませんか?

失敗に鈍感、
成功にも鈍感であり、現状に満足せず
たぶん「できるんじゃない」と
根拠のない自信を持っている人。
まわりからはフラフラしているようにも
見えたりします。

でも、そんな人がチャンスに巡り合う
確率が高く、チャンスをものにしてキャリアを築いて
いくんですね。

知っておくと、道が開ける可能性が
高くなると思います。

一度記憶にとめておいてください。

 

【出典】

計画的偶発整理論

(Planned Happenstance Theory)

プランド ハプンスタンス


【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/