fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

フリーズするリーダー達

 

【真面目さ】と【慎重さ】

を履き違えているリーダーの方にお会いしたことが

あります。

 

真面目と慎重というのは、

普段の仕事の時には、差がわからないかも

しれません。

 

しかし、大胆に進める時に違いがわかるのです。

たとえば、

「真面目に大胆に実行すること」

はできますが

「慎重に大胆に行うこと」

はできません。

 

相反する内容になっているのです。

リーダーの種類では、

「真面目な」リーダーは、大胆なことができるが

「慎重な」リーダーは、大胆にやろうとするとフリーズするのです。

 

慎重さは、行動を制限するということ。

そのため、やろうとは思っていますが

慎重なため、完璧さを求め、何も進まない。

先送りになることばかり。

 

また、この手のリーダーは失敗もないですし

部下の評判もわるくない。

(何も指示を出していないので当たり前ですが)

 

ただ、新しい手が打てないので、その部署は

徐々に元気がなくなり、しぼんで行きます。

 

リーダーが方向性を示せず、引っ張らないので

スタッフの求心力も弱まってしまうのです。

 

やはり、リーダーは影響力があるので

慎重さは徐々に減らしていくしかありません。

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/