fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

30歳代の方の価値観

東芝製品年表

顧客の年齢によって価値観がちがいます。

ざっとおさらいすることも大事なので

気になるところをまとめておきます。

まずは、家電。

生活の便利さ、家事軽減は、家電の発達普及に

大きく結びついています。

取り上げたのは、家電メーカーのサイト。

ここでは、生まれた歳を入力すれば

その当時に発売された家電製品がわかります。

確認しておきたいのは、製品ではなく、

【どこまで便利だったのか、不便だったのか】

ということ。

手間がかかっていた部分を知っておくことで

その人の価値観が見えてくるのです。

現在では、不便なことをコツコツを実行する

人を見れば、やはり、育った年代の影響が

そこにあらわれるのです。

不便が当たり前だったのですね。

30歳代の方と言えば

1973年(昭和48年)から

1982年(昭和57年)生まれ。

他に影響の大きなことと言えば【教育】。

1980年から実施された「ゆとり教育」が

大きな区分けとなっています。

今年32歳になる方以下の方は、この

ゆとり教育の影響を受けているわけです。

また、30代は出生数の差が年によって大きい。

1973年が209万人

1982年が151万人。

 http://goo.gl/uUoBK

これを見ると、30代前半と30代後半では

まったく価値観がちがうのでは、と予想

できるのです。

兄弟姉妹の人数や、学校での1クラスの人数に

大きなちがいが出ているはずです。

人数のちがいが、自立心と依存心のバランスに

影響を与えているはずなのです。

このように30代をひとつのグループと見るのでなく、

せめて、前半と後半に分けてとらえることが必要ですね。