fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

Tポイントカードから見えるもの

 

本日の新聞広告。

Tポイントカードの広告。

累計発行数が1億3255万枚。

「この数字には意味がありません」

と書いてあります。

その下に

3865万人

とあり、これが1年間にカードを使用した

人の数だそうです。

 

Tポイントカードをしかけたのが

CCC(カルチャコンビニエンスクラブ)。

ツタヤを展開している会社。

創業者の増田氏は

「うちの会社は企画会社」

と言い切ります。

 

ツタヤの会社でもなく

Tポイントの会社でもない

という位置づけ。

 

企画を提供する会社で

情報を大切に考えている。

そして、顧客の生活を新しいものに

変えていく会社

というポジションを創業当時から

打ち出しているのです。

 

創業者はアイデアマンが多いですが

その中でも深さを持った視点です。

そのため、社員数人のときに

1億円のシステムと導入しています。

情報の価値をそこまで理解していた

のでしょう。

 

 

 

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。