fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

トップクラスのレベルを知っておく

顧客データの管理について考えた時、

どこの会社がトップクラスのシステムを
運用しているのか調べてみることを
おすすめします。
あらためてウォルマートを調べてみました。
200万人を越える社員。
売り上げも40兆円。
世界中に店舗が5000。
大株主の5人の資産が計9兆円。
ビルゲイツを越えています。
そんなウォルマートには、世界でも
有数なシステムが稼働しているのです。
詳しくは下記書籍に記されています。
理解してほしいのは、データを収集
することでも、分析することでも
ありません。
【データは生きているということ】
なのです。
単なる数字の羅列ではなく、
誰しもが必ず理解できる最強の言語
でもあるのです。
そこのパワーを理解していないと
データ分析への取組みは薄れます。
そこから出発して、トップクラスの
レベルを知っておいてください。
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。