fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

緊張の時ほど当たり前ができなくなる

 

人は、極度の緊張にさらされると

当たり前のことが気が付かなかったり

できなくなったりします。

 

例えて言うならば

靴の右左を間違えても気が付かない程度

のことがわからなくなったりします。

 

では、こんな状況でも力を発揮できる人の特徴は、

何でしょうか?

それは、

緊張の場、人から四六時中見られている状況に

いた人は、ストレス耐性が高い傾向にあります。

 

いつも誰かの目を意識しながら仕事をしている

人ほど、負荷に強くなるわけです。

 

日頃の環境のおかげで、予想外の状況に

遭遇しても、慌てることなく、動転することなく

冷静に判断行動できるようになるのです。

 

 自分がどこまで負荷をかけたら、冷静さを

失うのか、客観的に見るようにしましょう。

 そこには、パターンがあるはずです。

特定の条件がそろったときに限界を越える

人もいますので、限界を知っていることは

仕事をするうえでは大事なことだと思います。

 

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。