fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

もぎ取って経営者になる

森

 

事業承継の場に立ち会うことがあります。

先日も、事業を引き継ぐであろう息子さんと

お話をしました。

少しずつですが会話を進めているようです。

様子を聞いてみると、現社長は、息子さんを

信用していない様子。

経営者としては、「まだまだ」と感じてしまう

わけです。

息子さんの方も、進んではいますが遠慮がち。

親子の会話というのは、なかなか本音で言える

ものではありません。

近すぎるから、というのがその要因でしょう。

いろいろな感情が出てくるわけです。

はっきりしないからこそ、経営は

「もぎ取る」

しかないと思っています。

乱暴な言い方ですが、息子さんが腹を決めて

経営をゆずってもらうことを交渉する、という

やりかたです。

 

そんな形で事業を継承した方は、おおよそ

うまくいくことが多いようです。

この形なら、思い切って任せられますし、

引き継ぐ方も決心していますから。

今後の楽しみです。