fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

内部統制について

 

内部統制は大企業では当たり前の世界です。

では、大企業以外では、必要なのでしょうか。

結論から言えば、必要です。

経営は数字ですべて置き換えることが可能です。

業績も数字で判断されます。

その数字をつくるには、内部統制が必要なのです。

とかく経理業務のことだけ内部統制が求められると 

思ってしまいますが、それだけではありません。

営業のスタッフにも大きく当てはまります。

たとえば、

受注見積り(工事見積り)

のチェックはどうなっているのでしょうか。

特に工事も請け負う場合、工事見積りには、

営業さんの裁量権が大きすぎる場合があります。

過去の会社でも経験があります。

赤字物件の赤字金額を他物件に付けかえし続け

最後、ごまかせなくなった。

その時に、数千万円単位の損失につながった、

という事例です。

そんなことが起こらないようにするためにも、

内部統制が必要です。

コツは

1)別の人が確認・チェックをする

2)権限を1人に集中させないこと

3)担当をローテーションさせる

4)記録を残す

5)業務棚卸し表などを作成し流れを明確化する

6)定期的に本部(本社)の人が社内監査を行う

ことです。

小さい時に、気がつかなければ、そのままズレが

蓄積し、取り返しのつかない事態を招きます。

ちょうど、年末を迎えるこの時期に再考したい内容です。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真『知識への時間投資、それが最大の利益を導きます』
この投稿記事を書いたのは 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)