スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

理不尽の連鎖

 

先月のことでした。

飛行機に乗り込むと私はすぐ音楽を

聞き始めます。

カナル式のイヤホンが耳栓の役目を果たしています。

音が苦痛だからです。

15分くらい経ったでしょうか。

「なかなか出発しないな」

と感じました。

ふと横を見ると、通路を挟んだところで

CAと話し込んでいる方が目に入りました。

どうも、怒っているようです。

「・・・理不尽じゃないか・・・」

とイヤホンをはずすと会話が聞こえてきました。

なにか、気持ちがおさまらないようです。

その後、地上職員の男性の方が来て説明、

また、CAの方が何度も来て、説明。

時間は、出発時刻を30分過ぎました。

私が機内に乗り込んでから45分間。

「・・・他のお客様にも迷惑がかかっているじゃないか・・・」

とも聞こえてきます。

そして、ようやく出発。

機内にはおおよそ200人。

30分遅れたと換算すると計100時間。

世の中にとって大きな損失です。

振り返ってみると

理不尽なことをされて怒っている人→待たされている200人

という理不尽の連鎖なのです。

部分的に見れば、正しい主張をしていますし

怒るのも理由があるのでしょう。

しかし、その正しい主張によって、関係のない人たちが

さらに理不尽な状況に陥ったのです。

中には急いでいる方もいたかもしれません。

こうした状況を経験することによって

個人的な怒りで正しさを主張する危うさを感じました。