経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

断絶職場の行く末は?

 

どんなに優秀な人の集団でも部門ごとに

情報の断絶が起こります。

NHKで1960年代のアポロ計画の特集が

ありました。

実験を重ねる必要があるのに、部門ごとの

情報交換、連携が断絶していたようです。

その結果、実験の失敗、計画が進捗しない、

ということを招いていたそうです。

そこに、1人のリーダーが投入されることにより

部門間の断絶が消滅、計画が予定通りに進んだそうです。

そんなドラマがあったんですね。

情報断絶は、自分を優位にするための手段として

用いられることが多いようです。

結局のところ、会社全体を考えているわけでもなく、

自分中心主義には変わりありません。

とかく、こうした人は、

「そんなこと、聞いていません」

と主張することも多いですね。

早く気がつくことを祈るばかりです。