スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

出光佐三語録

 

【出光佐三語録】より

(P27)〜講義の中で感銘の深かったのは、内池廉吉教授の「商業概論」であった。

「商売は金儲けではない」といって、

「ただ物を動かして、中間に立って利鞘(りざや)を取るだけの商品は、

今後、不要になる」

「生産者と消費者の中間に立って、これを直結して双方の利益を考える、

配給者としての商人だけが残る」

と商業の社会性を説いた。

このエピソードは、明治の時、出光佐三氏が神戸高商に通っている時のものです。

創業後の指針にしたのが、上記の内容だったのです。

この指針に従って経営判断をしていったわけですね。