fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

製造コードで職人を特定できるしくみ

ある製造メーカーでは、製造コードで

つくった職人さんを特定できるしくみに

しているそうです。

なぜなら、修理、返品などが来たら

その職人さんに戻すため、

だそうです。

そうすることによって、職人さんの

【責任感】

【プライド】

に火をつけることになりますね。

これは、応用ができます。

「誰の仕事が特定できる」ことによって

【意識の明確化】

が向上させられるわけです。

社内だけでなく、外部委託、外注先にも

同じ効果があります。

こうした、しくみにより意識向上をはかる

ことも視野にいれておきたいですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真『知識への時間投資、それが最大の利益を導きます』
この投稿記事を書いたのは 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)

“製造コードで職人を特定できるしくみ” への2件のフィードバック

  1. 作った人の、責任感とプライドの両方をアップできていいですね!