経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

製造コードで職人を特定できるしくみ

ある製造メーカーでは、製造コードで

つくった職人さんを特定できるしくみに

しているそうです。

なぜなら、修理、返品などが来たら

その職人さんに戻すため、

だそうです。

そうすることによって、職人さんの

【責任感】

【プライド】

に火をつけることになりますね。

これは、応用ができます。

「誰の仕事が特定できる」ことによって

【意識の明確化】

が向上させられるわけです。

社内だけでなく、外部委託、外注先にも

同じ効果があります。

こうした、しくみにより意識向上をはかる

ことも視野にいれておきたいですね。

“製造コードで職人を特定できるしくみ” への2件のフィードバック

  1. 作った人の、責任感とプライドの両方をアップできていいですね!