fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

ばっさり方向転換するきっかけ

電車

 

歴史のある会社ほど、

「採算の取れていない部門」

を長期間にわたってそのままにしている

ことがあります。

【撤退の痛さ】

が現状維持へと向かわせているのでしょう。

通常、2年間変化しない状態であれば

手を打たなければなりません。

ただ、2年で手を打てる場合は少ない方で

時には、3年、5年、7年と現状が続いている

事実も今までにいくつも見てきました。

そうであるならば、

【採算が合う】

ように利益を生み出す場所にするしかありません。

ここで重要になるのは、

「ばっさり方向転換」

することです。大きく変えてしまう、根本から

見直してしまうことです。

メンバーも一新することも時には必要かもしれません。

特に、マネージャー。

前任者の意見が届かないように離してしまうことも

ひとつの方法です。

今までのやり方を踏襲してがんばったところで

利益が生み出せるならば、問題はなかったはずです。

だからこそ、思い切った手を打ち、思い切った手法を

取り入れるべきなのです。