fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

競合先を想定する力

 

企業は、どのお客様について、どの企業と

競い合っているのか、をどこまで想定できるのかが

実力のうちの一つになっています。

たとえば、

 パソコンのレノボジャパンが想定している

競争相手企業先は、DELLなどのパソコンメーカー

だけでなく、

Apple

Google

などの企業も入るのだそうです。

さらに広げて考えると

Amazon

楽天

まで競争先になる、とのことでした。

単に自分たちはメーカーだから、といって

メーカーだけを見ていたら大きな差を

つけられてしまう、ということです。

お客様から見れば、メーカーだの、サービスだの

区分けは存在していません。

自分にとって、便利なものを提供してくれる

会社を選ぶだけのことです。

こうした、競争先を想定できるには、日頃から

マーケティングの視野を広げておく必要があります。

お客様が気にしている企業はどこか?

を把握しておくことですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/