fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

安価なものほど、海外でつくると損をする

街

 

安価なものほど、海外でつくると損をする。

製造業の矛盾ですが、安価なものほど粗利率が低いので

不良率を下げなければならないのです。

品質が高くなければならないわけです。

しかし、海外で製造すれば、品質はどうしても低下します。

そのため、せっかく海外生産しても利益が残らない、

という現象が安価な商品では起こっているのです。

その現実をどこも報道しません。

海外に出た方が良い、という一面的な報道ばかりです。

経営では、一面を見て判断するわけにはいきません。

真逆の側面からも検討が必要なのです。

今後の製造業の取るべき道は、限られます。

そこを目指すべきですね。