fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

直接販売の出版社の手法

読書

 

世の中は、流通の中抜きが顕著になっています。

流通からはずれ、直接販売する会社も目立ちはじめました。

今後もこの流れは加速していくことでしょう。

直接販売の出版社事例を取り上げます。

出版流通ほど強固な流れはありません。

大手取次店ががっちり販路を押さえています。

しかし、そんな中で書店へ直接販売している

出版社が何社かあり、成功しています。

先駆者は、ディスカバリー出版です。

書店をテレコールで開拓していった話しを

聞いたことがあります。

今回取り上げるのは、トランスビュー社。

この会社は、取り次ぎを否定しているわけでもないが

資金繰りの観点から初版5000部程度であれば

直接販売の方が良い、という判断をしている。

委託販売先が250軒、取り引き実績先が700軒。

手間はかかるが、返本率も5%以下、資金繰りも安定する。

書店側もメリットがある。

書店が取次から仕入れると定価の80%、

直接出版社から仕入れると70%になる。

10%の利益が増えることになる。

また、注文後4日で届くスピードもメリット。

こうしたことが可能なのは、運送会社が発展したことも

大きい。

ということは、どんな業界でもこうした流れは

避けられず、加速してしまうでしょう。

そこまで想像しながらビジネスを構築したいところです。