fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

分析は自分でやるべき

クレヨン

 

統計学は最強

という主旨の書籍が話題になっています。

統計は、客観的に事実を見る時には

必要です。

ただ、ビジネスにおいて、統計データは、そのまま

使えないのが実状。

では、どうするのか。

【統計データ】に【推測データ】

を追加することなのです。

人に見せるデータでなければ、自分の

シミュレーション用につくりかえていくのです。

データは、【完全でなければならない】というのは

単なる思い込みにすぎません。

事実を明らかにするためのツールのひとつに

すぎないのです。

仮説を立てながら、予測しながら、データを

操作していくことが将来予測になるのです。