fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

マウンディング上司とは

「マウンティング」とは

個体間の優位性を誇示するための行為(背乗り行為)

を指しています。

そこから

『日常のコミュニケーションにおいて

「自分の立場が上」と態度や言葉で示す行為を

示す用語として認識されるようになった』

と言われています。

単に言葉の暴力であれば、まわりも理解しやすいですが

「褒めている」

時に裏側で悪意を持っている場合は

なかなか見抜くことができません。

「◯◯だけは、いいよね」

などの褒め言葉がマウンティングの場合もあるのです。

とかく、上司は部下教育と言いながら

「マウンティング」していることも多いと予測されます。

抜かされたくないからですね。

また、直接的な場合では

「私に意見を言わないように」

とあからさまに、「マウンティング上司」となっている

ケースも耳にしたことがあります。

そんなことをしても、上司として尊敬されるわけでも

ないのですが、本人は必死のようです。

自分のことしか考えていないので先は長いですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真『知識への時間投資、それが最大の利益を導きます』
この投稿記事を書いたのは 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)