経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

営業同行をしてみて

たまに、営業さんの同行をしますが、

久しぶりに数件実施しました。

営業という仕事は、実際の顧客と商談している

状況を他の人が見ることはありません。

そのため、自分が成長しているのか?

上達しているのか?わからないことが多いです。

そのため、定期的に上司が同行することが

おすすめです。

もしくは、成績上位の先輩が同行するのも

有効ですね。

特にテンポ感が伝わるので、成績上位の方の

スピード感や、せっかちな部分を感じることは

大事です。

さて営業同行の結果ですが、正直なところ目を覆いたくなる

状況でした。

「新規開拓はムリかな」

というレベルでした。

単に基本動作がまったくできていないから、というのが

理由です。

これから基本動作を学び、習得してもらえればよいですが

年齢の壁にぶつかるかもしれません。

現場のレベルを知らないと経営はできませんね。