経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

企業は社会の公器、という意識が・・・

企業は社会の公器」という意識が

【薄れてきている】と感じている経営者の方が

いらっしゃいます。

特に70代の経営者に多いと感じています。

歴史を振り返ると

戦後の創業者の方々は、世の中再生のために

会社をつくった人も多いのでしょう。

そのため、「企業は社会の公器」という意識が高い。

納税義務を果たすことが会社経営の満足感にも

なっていたわけです。

いま、その意識が薄れている、と嘆いているのはなぜでしょうか。

会社の義務を果たしていないからでしょう。

納税義務にはじまり、雇用することへの意識。

ムリにする必要はありませんが、優先すべきことだと

言っているわけですね。

こうした意識を引き継ぐことは、事業承継でも

大切な内容だと感じています。