fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

ゲームの4要素を活用する

ものごとには、骨格というものがあります。

どれもはずすことはできないですし

少しずつでも網羅しておくことが求められます。

今日、取り上げるのは、「ゲームの要素」について。

ゲームには、次の4要素があると言われています。

【交換、収集、育成、対戦】

の4つ。

ゲームの流れ、ストーリーの中には、

交換する

集める

育てる

対戦する

というストーリーがなければならないわけですね。

それが、人を虜にしてしまう。

そう考えると、この行動が人を熱中させる骨格である

ことがわかります。

ビジネスで人を熱中させる必要があるときには

この要素を活用したいですね。

藤原毅芳写真『知識への時間投資、それが最大の利益を導きます』
この投稿記事を書いたのは 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)