fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

大きな問題が起こっていないときほど

大きな問題が起こっていないときほど

ビジネスにおいて

大きな問題が起こっていないときほど

それが一番危険

と言われています。

スムーズに物事が進むことは通常ありません。

特に、ビジネスには、それぞれの人、それぞれの会社の

思惑が交差するのが普通。

ということは、どこかで大きな問題が勃発するものだ、と

認識しておくべき。

逆に、スムーズに行っているときほど、細心の注意が

必要になる、ということですね。

今、スムーズに行き過ぎている人の方が多いのでは

ないでしょうか?

藤原毅芳写真『知識への時間投資、それが最大の利益を導きます』
この投稿記事を書いたのは 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)