fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

困難な課題を出された時の反応によって

困難な課題を出された時の反応によって

仕事では困難な課題や答えの見出しにくい課題が

突然出されることがあります。

その時の反応が人によって大きくちがうことがあります。

課題を出された時に

・黙りこんで考え始める人

もいれば

・絶対無理、と拒絶する人

もいるのです。

これは、その人の課題解決能力、キャパの広さを

示しています。

いわゆるバロメーターというわけですね。

反射的な反応にその人の過去の体験がすべて

表されているといっても過言ではないです。

深い思考で、解決方法をシミュレートしている人を

見ると将来性や成長を感じますね。