fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

全員主役願望の時代だからこそ、脇役、裏方を目指すほうがいい

全員主役願望の時代だからこそ、脇役、裏方を目指すほうがいい

というのは、

いわゆる「二番手の法則」というやつです。

今の時代は、経営者も【主役願望】が強く、どうしても

人前に出たがります。

しかし、トップを走るほど、つらくなることがある。

同年代のトップ、エリア内でのトップ、と言われ始めると

自分自信も過信をしたり、トップを維持するために無理を

したりします。

そう考えると、脇役、裏方、もしくは二番手の方が気が楽。

そのため、長い道のりでは、結局のところ脇役、裏方の方が

最後、主役になることがあるのです。

しかも、ストレスが少なく、成長していくので、大きく

羽ばたくわけですね。

脇役、裏方の時に焦る必要もないし、実力がつけば

勝手に脇役や裏方からメインステージに自然と上げて

もらえるのが今の時代です。

こうした原則を忘れずにいたいですね。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。