fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

歩車分離式信号の増加

通勤

道路信号は、各県によって方針がちがうのがわかります。

歩行者信号で歩行者がいない時は点滅になる信号なども

ありますね。

最近、目につくのは『歩車分離式』の信号機。

自動車と歩行者を分けて横断させる方法です。

歩行者は、斜め横断もできる、というメリットもあります。

ただ、待ち時間は若干長めになるのがデメリットか。

交通事故の8割は交差点内で起こっていることを

考えると歩車分離式は事故を減らすために有効な

方法とも言えます。

こうした変化に気が付くことで進化していることが

実感できますね。