fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

目標設定を低くして達成率という評価を上げても

目標設定を低くして達成率という評価を上げても

年間の目標数値を策定する時に

『低めに設定した方が評価が高くなる』

と考える人もいます。

達成率だけで評価するとそうなりがち。

だからこそ、評価基準はひとつでは

公平さが失われます。

高い目標数値にチャレンジした、という

『チャレンジ評価』

も別に必要だ、ということですね。

目標を低めに設定するのは、やはりベテランに多く

どちらかといえば、成績もパッとしない人に

見られる現象です。

気をつけたい部分です。