fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

家賃200倍の法則にみる数字の魔力

不動産を「買うか借りるか」は人生設計にとって

大きな選択肢です。

迷うところでもありますね。

住宅雑誌でもよく取り上げられる話題のひとつです。

答えはなかなか見つからず、判断しにくい部分でも

あることは事実。

そんな中、「家賃200倍の法則」という指標があります。

ある不動産を購入するかどうか迷った時の指標です。

【近隣の家賃相場の200倍以内なら購入したほうが得】

という判断基準。

具体的に200倍という数値を見せられると

なぜか『説得力』があります。

この法則を知った人は、

この200倍の根拠を考えるより、

『200倍以内か、200倍以上か』

に目がいくようになってしまう。

数字の魔力ですね。

このように判断基準をわかりやすい数値や

計算式であらわしてあげることにもチャレンジすべきですね。

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/