fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

事務所に一緒にいるだけで じんましんが出るのですが

女性社員の方からの相談

「事務所に一緒にいるだけで蕁麻疹(じんましん)が

出てしまうのですが、どうしたらいいでしょうか?」

という内容でした。

いわゆる、男性上司からのパワハラに対して

ストレスを感じているケースです。

この場合、男性上司に対して改善を求めても

さほど効果は期待できません。

やらないよりは、やったほうがいいですが、

男性上司本人が認めたがらないことも

多いのも事実です。

他人に対してパワハラをする人は、実は

【自分が弱い】

ことを認めているようなものです。

暴言を吐いたり、キレたりする人も同様。

単に弱い。

精神的に幼稚で精神的に大人になっていない弱さ、

と言われています。(社会性の未発達)

それを隠すために攻撃的になったり

パワハラをすることが多いですね。

まわりの人は、「痛い人だなあ」と言っているのを

よく聞きます。

では、パワハラを受けている女性社員の方は

どうするのか?

解釈を変える方法とストレス軽減法を

お伝えしました。

今後はストレスとどう対峙するかが

組織運営の重要な項目になりますね。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/