fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

どこにいても最先端を求める人が出てきた

ある会社で実際に聞いた話しですが

お客様がタブレットを持ってきて

この商品を検討したい、とメーカーの

Webサイト(カタログ)を見せてきたそうです。

たまたまかもしれませんが、その商品が新商品で

対応した社員の方のほうが知らなかった、とのこと。

「知らないの?」

とお客様から小言をいただいたそうです。

どちらかといえば、その業界の仕事をしている人より

お客様の方が時間に余裕があることがあります。

そのため、忙しい業界ほど、こうした情報格差が

逆にうまれてしまうのです。

また、メーカー側も紙のカタログに新商品を反映する

のに時間がかかるためWebなどの媒体に先に掲載して

しまうので、現場では混乱が起こっているようです。

特に地方にその傾向が強いようですね。

こうした対応に乗り遅れるとお客様からの評価は

一気に下がりますので注意が必要です。

即対応が基本ということになっていきます。

お客様対応のスタッフ(社員)の人には

想像力を持ってもらい、対応力を高める必要がありますね。

[amazon_link asins=’4798052418′ template=’ProductCarousel’ store=’fujiwaratakey-22′ marketplace=’JP’ link_id=’4219a6db-f6b9-11e8-b809-e7092745811a’]

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。