fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

商品によって営業活動を分けるか統一するか

 

商品取り扱いが多い会社は営業さんの

グループ分けを商品ごとに行っています。

全国エリアを対象とした営業活動をされている

会社では、エリアごとにグループ分けを

行っているところもあります。

どちらの場合も、グループごとに情報が

分断されてしまい、支障が出るケースが

多く見受けられるようになりました。

そのため、最近では

・営業グループ統合

するケースが増えてきています。

人員を効率よく行動してもらうためでもありますし

情報が会社全体に浸透するのもねらいです。

具体的には、合同でミーティングすることも

有効です。

営業ミーティングというのは、やらなくても

よいのではないか、ムダではないか、という

議論がありますが、そんなことは一切ありません。

やればやるほど、結果も出てきますし、情報も

浸透するものです。

どの先輩が何に詳しいのか、ということを

知るだけでも大きな意味があります。

 

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。