fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

国勢調査人口が初の減少

street

国勢調査の速報値が発表されています。

1920年の調査開始以来、初の人口減少を

記録しました。

10年前と比較して94万人減少。

2015年10月1日時点での人口は

1億2711万人。

都道府県で人口減少した件は39道府県。

人口増加したのは、8都県のみ。

増加組は、沖縄県、東京都、愛知県、埼玉県、神奈川県、福岡県

滋賀県、千葉県の8つ。

世帯数は、5340万世帯。

こちらは、増加した県の方が多い。実に42都道府県が世帯数が増加。

世帯数減少した県は

青森県、秋田県、和歌山県、高知県、鹿児島県

の5つのみ。

人口は減少しているが世帯数は増加している、という

ことを頭に入れておきたい。

そこからビジネスのヒントもうまれてきます。