fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

新規営業やってみたい

営業の仕事は、新規開拓と既存のお客様のフォローと

2つに大きく分かれます。

どちらも大切です。

営業の仕事をしている人はこの両方ができると

1人前といわれます。

ただ、新規開拓が弱い人が多い印象をうけます。

先日、30代の方と話しをしている時に

新規開拓の醍醐味を説明したところ

「やってみたい」

という感想が出てきました。

それまでは『しんどい』とか『つらい』という

イメージがつきまとっていたようです。

おかしいですね。

本当の営業実力は新規開拓で養われるはずなのに。

成果までの道のりは長いかもしれませんが

その分、達成感も大きいのです。

場合によっては得られる報酬も大きい。

人がチャレンジしない道ほど選択すべき、と思います。

1人でもそうした気概のある人が増えることを期待したいです。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/