fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

見える化より聞ける化・言える化

見える化より

「見える化」という言葉が流行った時がありました。

最近は、現場の声を

・聞ける化

というフレーズになっています。

または、現場の方が

・言える化

になっているかも指標のようです。

聞ける化

「聞ける化」というのは、社内の仕組みとして

現場の声を聞く体制になっているかが分岐点。

単に経営層が1人ずつ面談するのもひとつの方法。

リーダーが個人面談をすることも効果が高いです。

毎日顔をあわせても

ただ、こうしたことはなかなか取り組んでいない会社が多いのも事実。

毎日顔をあわせてますし、声もかけているから大丈夫です、というリーダーが多いですね。

これ、危険な状況なので認識を変えてほしいと考えています。

人の気持ちや考えていることは、なかなか

表に出てくるものではありません。

ましてや複数人いる状況で本音を言う人は少ないでしょう。

まとめ

そのために、会社の仕組みとしてつくっておくべき。

中にはそのために社外の方を雇っている場合もあるくらいです。

軽々しく考えずに取り組みたいですね。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/