fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

自分にごほうびを与える人ほど・・・

がんばったから自分にごほうびを与える行為に

ついて考えてみます。

忙しい期間が終わりホッとする時、自分に対して

「ごほうびだから・・・」

とモノを買ったりします。

これが何度も続くと、目的が逆になることも。

たとえば、がんばることが目的だったのに、ごほうびでモノを

買うことが目的にすりかわるのです。

こうなると、がんばるレベルが下がったりしながらごほうびに依存していくのです。

仕事において、目的が逆転してしまうと結果に結びつきません。

プロセスを自分で評価し、ごほうびを与えることは仕事の時はしないほうがベターなのです。

仕事でがんばったならば、結果で達成感を味わうべきであり、安易に自分にごほうびを与えるべきではない、ということ。

この点を軽く考えている方もいるので十分注意したいです。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/